シアリス

当サイトについて

今やED(勃起不全)は治せない症状ではありません。バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬を使えば昨日までの勃起不全が嘘のように改善される場合があります。今回はまずシアリスの効果からご紹介していきます。

女性版EDの症状について

EDといえば男性のものと考えている人はとても多いですが、実はEDは女性にも存在します。
女性版のEDのことは「女性性機能障害(FSD)といいます。
FSDの主な症状は3つあります。
性嫌悪症、性交疼痛症、性興奮障害です。

まず性嫌悪症とはその名の通り、性交すること自体に嫌悪感を感じて性交できない症状のことをいいます。
この症状の特徴は自慰行為はできるけれど、パートナーとの性行為ができないということです。

夫の不倫・恋人の浮気、夫や恋人のED、近親相姦、強姦の経験などが原因となることが多いです。
また親の影響で、性行為は汚いものだと言われて育った時にもこういったことは起きやすいです。

性交疼痛症は性行為中に痛みを感じるため、性行為をできなくなるという症状です。
膣の分泌液が十分出ていないために痛みが起きるということはよく聞きますが。

この症状の場合はそういったレベルではなく、痛みを感じるのが怖いという思いから指さえも入らなくなることも少なくありません。
性的に興奮しなかったり、パートナーへの不安や嫌悪感など心因性が原因の場合と、子宮内膜症、子宮筋腫、エストロゲン不足による委縮性膣炎や外陰炎などが原因となっている身体的な問題が原因となっているものがあります。

性興奮障害は性行為中に痛みを感じたり、膣が濡れないといった状態がこの性興奮障害です。
この症状を感じる原因は加齢や婦人科疾患、パートナーとの関係の悪化といったことがあります。
この症状が出ている場合、性的興奮による骨盤内の血管の充血が十分に起きないので膣が潤滑することもなく、膣も広がりません。
その結果、性的に満足感を得ることができないという状態になってしまうのです。

こういった症状が出るきっかけとなりやすいものには出産があります。
出産後には体の変化も起きますし、心理的にも母親としての気持ちが強くなるため、女性性機能障害(FSD)になってしまう方はとても多いです。

FSDは女性用バイアグラを服用することで改善できる

FSDの原因としてレイプをされた、近親相姦をしてしまった罪悪感など心理的なものが原因であった場合にはまずその心理的な要因をはっきりさせた上で、性行為への罪悪感や恐怖などを減らしていくところから始める必要があります。
特にレイプを受けた女性は性行為に非常に大きな恐怖感を感じるため、時間をかけて徐々に心理的なケアをしていきます。

また加齢による女性ホルモンの低下が原因となっている場合には、低下してしまっている女性ホルモンを補充するなどして改善をはかることになります。
錠剤タイプもありますが、パッチタイプもあり、その人にあったものを処方されます。
フリバンセリンという閉経前・更年期障害前の成人女性に適した治療薬もあります。

しかしそういった専門的な治療を受けなければいけない状態をのぞけば、多くのFSDの症状に関しては女性用バイアグラを摂取することで改善できます。
女性用バイアグラはピンク色の経口薬です。

効果として、性行為の時に女性器を十分に充血するためのサポート、感度を高めて性的興奮を増強する、性欲を高めて性的満足を得やすくする、性欲や性衝動などに深い関わりを持っているテストステロンというホルモンを増やすといったものがあります。

女性用バイアグラは性行為をするおよそ45分ほど前に水もしくはぬるま湯で服用します。
効果が出るまでは個人差があるものの、大体服用から45分前後で効果を感じる人が多いです。
そして一度服用したら、その効果は4時間から6時間ほど持続します。
効果をしっかりと感じるためには食後すぐの服用は避けて、食後2時間ほどのタイミングで飲むのがベストです。

ちなみに性行為中に痛みを感じる方の場合は潤滑ゼリーやローションを処方されることもあります。
女性用バイアグラを服用しつつ、そういったものを使って改善をはかるのです。